Webデザイナー

Webデザイン学校は意味ない?初心者が独学で勉強するリスク【危険】

投稿日:2018年10月25日 更新日:

Webデザインの学校は意味ない?初心者が独学で勉強することの落とし穴【危険】

スポンサーリンク

これからWebデザイナーを目指す人から「Webデザインスクールに行くべき?」という質問をよく受けます。

結論から言うと、

Webデザイン学校には「行ったほうがいい」

学校に通わないことのデメリットは大きく2つあります。

  • プロのアドバイスが受けられない
  • Web業界の人脈構築が遅くなる

人によると思いますが、未経験の初心者がWebデザイナーを目指すなら「Webデザイン学校に行くこと」が最短でWebデザイナーになる方法です。

Webはおろかパソコンさえ初心者だったわたしですが、Webデザイン学校に6ヶ月通った結果、卒業後すぐにWebデザイナーとして就職しています。

人による、と書いた理由は「独学でもWebデザイナーになる人”も”いる」からです。

ですがWebデザイナーの大半は、Webデザインスクールに通ったり、学校で学んだり、一度はプロの指導のもと勉強をしたことがある人。

というわけでこの記事では、

  1. 独学でWebデザイナーになれるの?
  2. 高い学費を払ってまで学校に通うメリット
  3. 有料スクールに無料で通う方法

Webデザイナーになりたいなら学校に通うべき理由を解説していきます。

スポンサーリンク

独学でWebデザイナーになれる人

独学でWebデザイナーになれる人

冒頭でも書いた通り、独学でWebデザイナーになる人はいます。

Webデザイナーとして転職するために最低限求められるスキルは「そこまで高度なスキルではない」です。

国家資格を取ることに比べても難易度は低いですし、そもそも資格も必要ありません。
わたしのように超初心者でも3ヶ月〜6ヶ月の勉強で転職できる職業です。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに高度なスキルは必要ないと前述しましたが、具体的にWebデザイナーになるために必要なスキルは、

  • Illustrator/Photoshopなどの「画像加工ソフト」をマスターする
  • HTML/CSSを理解しており、Webサイトを構築できる

上記の通り、Webデザインと簡単なHTMLの知識のみです。

Webデザイナーになるために【最低限必要なスキル6つ】未経験からWebデザイナーへ
Webデザイナーになるために【最低限必要なスキル6つ】未経験からWebデザイナーへ

スポンサーリンク 20代の女性が将来のことを考えはじめたときに、選択肢のひとつとなるのはIT・Web業界への転職ではない ...

これらの情報は、インターネットで検索すれば簡単にみつかりますし、本屋さんでもWebデザインのハウツー本は山積みになっています。

未経験者が独学でwebデザイナーになるために買うべき本は【4冊】だけ
未経験者が独学でwebデザイナーになるために買うべき本は【4冊】だけ

スポンサーリンク 未経験者が独学でWebデザイナーを目指す時、悩ましいのが「どうやって独学すればいいか」ですよね。 わた ...

初心者が独学することの落とし穴

そう考えると「独学でWebデザイナーになれそうだよね」と思う人もいると思います。

ですが、独学で勉強することには落とし穴があります。

  • プロのアドバイスが受けられない
  • Web業界の人脈構築が遅くなる

プロのアドバイスが受けられない

独学で勉強していると、間違った解釈をしていても誰からの指摘も受けられません。

特にデザインに関しては何が正解か分からないので、自分では気付くことができないですよね。

わたしも学生時代に経験があるのですが、自信満々で提出した制作物の悪い点を恩師に沢山指摘されました。

わたしもプロとして13年業界にいるので、恩師のダメ出しは「Webサイトのデザインのセオリー」から全て外れていたということが今は理解できます。

ですが、当時は制作中に全くそれに気付くこともなく、自己満足な作品づくりをしていました。

初心者はこの「Webデザインの常識やセオリー」を判断できません。

制作物をもって面接にいっても、失笑されてしまう、ということも起こり得るのです。

Web業界の人脈構築が遅くなる

Web業界で転職やフリーランスとして独立を考えたときに重要なのは、スキルではなく「人脈」です。

いくら腕がよい技術者でも人脈がなければ、給料のよい会社に転職したり、利益率の高い案件を獲得するのは難しいです。

わたしはこれまで2度の就職と転職、3校で講師業をした経験がありますが、この5件の仕事は全て「人からの紹介」によって得たものです。また、9年間のフリーランス生活の中でも、案件の受注に関しても自ら営業することなく紹介のみで仕事を得てきました。

学校を卒業してから13年間、一度も営業したことがないのです。

面接もコンペもなしですので、求人サイトやクラウドソーシングのような一般的に公開されている条件よりも有利な条件で働けたり、案件を受注することができています。

これらの紹介を一体誰から依頼されているのか...というと全て「学校で出会った人」からです。

恩師には2度も就職先を紹介してもらいましたし、クラスメイトや学校のスタッフにも、今でも仕事を紹介してもらえています。

特にクラスメイトですが「お金をわざわざ払ってまでWebデザインに就職する気がある人」ばかり集まっているわけですので、卒業後はほとんどのクラスメイトがWeb業界に転職します。

【Webデザイン スクール 無料】とググるあなたはWebデザイナーになれない話

そのクラスメイトが3年、5年...と業界で働いているうちに、案件を外注する権限者である上位職に就きます。

クラウドソーシングなどでみつける「見ず知らずの人」へ発注するよりも、苦楽をともにした学校時代の「信頼できる友人」へ仕事を発注しますよね。

わたしも今、仕事の一部ではありますが、Webディレクションの仕事をしています。
発注先はもちろん、スクール時代から今でもつき合いのある13年来の「クラスメイト」へ仕事を発注しています。

独学でWebデザイナーになれる人とは

わたしの周りでも少数ですが、独学でWebデザイナーになった人はいます。

独学でWebデザイナーになれる人の特徴としては、

  • 嗅覚がするどい人
  • 人脈を築く努力ができる人

まず、Webデザインやツールのトレンドをいち早く察知し、自分のスキルにできること。

これはWebデザイナーのスキル面でとても重要です。

また人脈を築くために、勉強会に積極的に参加したり、SNSで発信したりできる人。

こういった人は学校に頼らなくても、独立して仕事もとれますし人づてで就職もできています。

ですが、一から見知らぬ場に飛び込み、アドバイスを受けたり情報交換をしたり...下手をするとWebデザインの知識を身につけることよりも難しいかもしれません。

高い学費を払ってまで学校に通うメリット

高い学費を払ってまで学校に通うメリット

独学でもWebデザイナーのスキルは身につけられますが、学校へ通う【真のメリット】はスキルが身につくことではありません。

  • プロの意見がもらえる
  • 就職・在宅ワーク支援
  • Web業界の人脈を形成できる

こちらも解説していきます。

プロの意見がもらえる

Webデザイナーとしての知識は独学でつけられたとしても、そのコーディング方法やデザインはプロの目からみて、どこがおかしいのか意見をもらえます。

独学で勉強することのデメリットでも挙げましたが、就職の決め手となる「ポートフォリオ」の良し悪しの判断は、素人目線ではできません。

就職・在宅ワーク支援

ほとんどのスクールで就職支援、在宅ワーク支援があります。

プロの目からみて通用するか分からないポートフォリオを持ち闇雲に就職活動をするより、就職コンサルタントとプロのWebデザイナーにサポートしてもらう方が就職できる確率は上がりますよね。

実際にわたしも卒業後、講師に就職先を紹介してもらい、就職活動することなくWebデザイナーとしてのキャリアをスタートしました。

また未経験から在宅ワークを目指す専門の講座もありますので、仕事の流れや経理・税金など、フリーランスに必要な知識を学べる点もポイントです。

Web業界の人脈を形成できる

ある一定期間、同じ目標をもつもの同志で苦楽をともに過ごすことは一生忘れないものです。

学校で出会う人とは、皆さんが高校や大学時代の友人のことをずっと忘れないことと同じようなものです。

社会人になって仕事上の付き合いで出会う人とは違い、クラスメイトとは損得関係がない関係なので、ずっと対等に付き合えるわけです。

Webデザインスクールの学生は、学校を卒業した後ほとんどの人がWeb業界に就職します。

つまり、学校に通うだけで「自然にWeb業界に、対等な関係の人脈を構築できる」のです。

【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2018年版】
【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2019年版】

スポンサーリンク Webデザインを勉強しようと思ったとき、選択肢のひとつとなるのが「学校に通う」ことですよね。 Webデ ...

有料スクールに無料で通う方法

有料スクールに無料で通う方法

とはいえ、Webデザインスクールに通う最大のデメリットは「授業料が高い」こと。

ですが、条件を満たす人に限ってはしまいますが「有料のスクールで無料で学ぶ」こともできますし、就職できなければ全額返金してくれる学校もあります。

【無料で学ぶ】転職サポートつきWebスクールまとめ ※20代の求職者限定
無料のプログラミングスクール【タダで学ぶ】転職支援つき※20代求職者限定

スポンサーリンク Web系の仕事に転職したいなと考えたとき、選択肢のひとつとしてあげられるのが「Webスクールで学ぶ」こ ...

また、卒業後すぐに就職が決まればすぐに受講料は取り戻せるもの。

わたしはこう考え、60万円という学費を払って学校に行きました。

結果、卒業から13年経った今もWeb業界で働き続けられているのですから、60万円は安い自己投資だったと思っています。

まとめ

住んでいる地域やライフスタイル、経済的な問題など...Webデザイン学校に通えない人もいるとは思います。

ですが、前述の通り「有料スクールでも無料で学べる」講座もありますし、就職保証がついているスクールもありますので、探せば条件に合う学校がみつかるはずです。

それでも、どうしても独学で勉強せざるを得ない場合は、スキルだけを磨くだけでなく是非「人脈構築」にも力を入れましょうね。

Web業界で人脈は何より大事です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

みーこ

Web業界一筋13年目。アラフォー・子持ち・海外暮らしのノマドワーカー。26歳でフリーター→未経験でWebデザイナーへ転身し、転職3回・フリーランス9年と働き方を変えつつWeb業界に生息しています。 このブログについて

-Webデザイナー

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.