インフラエンジニア

未経験でインフラエンジニアになるのは簡単?年収・将来性・難易度まとめ

2019年10月19日

未経験でインフラエンジニアになるのは簡単?年収・将来性・難易度まとめ

インフラエンジニアはその名前からもわかるように、IT業界では必要不可欠な仕事です。

とはいえ、プログラマーやシステムエンジニア、Webデザイナーなどの職業の方が知名度があるため、IT業界での経験がない方からすると、

「インフラエンジニアってどんな仕事?需要あるの?」
「インフラエンジニアの年収は?稼げるの?」
「未経験からインフラエンジニアになるのは難しい?」

このように、仕事内容や収入面など知らないことも多いですよね。

また就職や転職することを前提としてインフラの勉強を始める人は、インフラエンジニアが将来性のある職業なのかどうかも気になるところだと思います。

ここでは、IT業界で働いて7年、現役システムエンジニア兼プログラマーのTenが、インフラエンジニアの仕事について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアの仕事内容は、「インフラ」と名前がつく通り、システムの根幹になるサーバーやネットワークなどを設定・保守する仕事です。

プログラマーやシステムエンジニアがソフトウェアを開発しても、動作できる環境がなければ意味がありませんよね。

皆さんが想像しやすい身近な例で言うと、「インターネットのネットワーク設定」はインフラエンジニアが担当する仕事です。

インフラエンジニアの仕事は多岐に渡り、担当する役割によって職種が分類されています。

インフラエンジニアの職種と仕事内容の詳細は下記になります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは名前の通り、ネットワークに関連する業務専門のエンジニアです。

導入するシステムやハードの規模から、必要なネットワークを設計・構築・保守・運用するのが主な仕事です。

システムの多くはサーバーとの通信を必要とするため、ネットワークエンジニアはインフラエンジニアの中でも重要な役割を担っています。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、Webサーバーやストレージサーバーなどサーバーの設計・構築・保守・運用するのが主な仕事です。

具体的には、サーバーのスペックを決めて、初期設定や異常を検知した時に自動で通報する仕組み等を準備します。

サーバーエンジニアの一連の作業が終わった後、システムエンジニアがパッケージなどを導入することになります。

ネットワークと同じくサーバーも重要な役割を持っているため、サーバーエンジニアの存在はシステム導入にあたって必要不可欠な存在と言えます。

ハードウェア全般

ネットワークやサーバー以外にも、インフラエンジニアはハードウェアに関する業務も全般的に担当します

例えばエンドユーザーが使用する、

  • パソコン
  • キーボード
  • マウス
  • プリンタ
  • スキャナ

上記機器の初期設定や故障時の対応も、インフラエンジニアの仕事に含まれることが多いです。

ただし、必ずしも故障時に対応するとは限らず、顧客との保守契約がない場合は初期導入しか行わないこともあります。

保守業務は残業が少ない

IT業界では、職種に限らず人材不足が問題となっており、他業種に比べて残業が多い傾向にあります。

しかしインフラエンジニアとして保守を担当している場合は、残業はほとんどありません

ネットワークやサーバーは原則24時間365日稼働を目標にし、トラブル発生時は迅速に解決する必要があります。

そのため、保守要員はシフト制勤務で対応する企業が多く、トラブル対応またはトラブル後の引継ぎ業務以外で原則残業することがないためです。

IT業界に興味はあるけど、残業は絶対したくない

このような希望を持っている方に、インフラエンジニアの仕事は非常におすすめです。

未経験からインフラエンジニアになる難易度

未経験からインフラエンジニアになる難易度

「インフラの勉強って簡単なの?」
「インフラエンジニアになるのは難しい?」
「未経験から転職するは難しい?」

インフラの勉強が難しかったり、未経験から転職しにくい職業なら、インフラエンジニアへの転職に少し尻込みしてしまいますよね。

結論から言うと、インフラエンジニアになる難易度は決して高くありません

むしろ、未経験者でも就職しやすい職業ですので、プログラマーなど即戦力が求められる職業を目指すよりも、簡単になることができます。

未経験+前提知識ゼロでも就職できる

インフラエンジニア求人には、未経験者でインフラの前提知識が全くない方でも就職可能な求人が多くあります

プログラマー求人の場合、「未経験歓迎」と書かれていても、新卒やプログラミングの基礎知識がある方しか採用されないことが多いですが、インフラエンジニアはそんなことはありません。

インフラエンジニアの仕事には幅広い知識が求められるため、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニア以外は、特定の知識を深堀することはありません。

結果、働きながら習得することができる技術が多く、実践後すぐに即戦力となれるため、インフラの前提知識のない方でも採用されやすい傾向にあります。

またインフラエンジニアとして経験を積めば、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアへキャリアチェンジすることももちろん可能です。

インフラエンジニアに転職するのは簡単?未経験者でも就職できる求人サイト3選
インフラエンジニアに転職するのは簡単?未経験者でも就職できる求人サイト3選

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどのITインフラの設計・構築・運用保守を担当する、IT業界でなくてはならない重要な仕事です。 しかしIT業界で働いた経験がない方からすると、 「インフラエ ...

スポンサーリンク

インフラエンジニアの将来性と求人需要

インフラエンジニアの将来性と求人需要

私の場合はフリーランスですので貪欲に生涯勉強を続けていきたいとは思っていますが、それでも30歳を過ぎて新しいことにチャレンジしようと思うと、安定した収入が見込めないと二の足を踏んでしまいます

就職や転職は今後の人生を大きく変えてしまうため、その職業に「需要や将来性」がなければ就活する意欲は沸かないですよね...。

結論から言うと、インフラエンジニアは現在も需要があり、将来性もある職業です。

インフラエンジニアの需要と将来性について掘り下げます。

インフラがなければIT業界はなりたたない

サーバーやネットワークなどのインフラがなければIT業界はなりたちません。

インフラエンジニアという職業の需要は、現在はもちろんですが、将来的にも必要不可欠です

IT業界で働いて7年目になる私の見解ですが、少なくともここ10年以内に、インフラエンジニアという職種が無くなることはまず考えられません。

将来的にはクラウド化技術の習得も必要

インフラエンジニアの職種が無くなることはありませんが、将来的には現在普及し始めているクラウド化の技術を習得することが必要になります。

現在インフラエンジニアの仕事では、集中管理をすることが増えています。

AWSを始めとするクラウド化の技術を習得することで、インフラエンジニアの仕事内容や需要が変わっても、安心して働き続けることができるでしょう。

逆に、汎用的な知識しか習得しておらず、スキルアップしないエンジニアは、将来的に淘汰されて仕事が減っていく可能性が多いに考えられます。

技術職であることに拘りがない方であれば、プロジェクトマネージャーなどの管理職へキャリアチャンジなどがおすすめです。

いずれにせよ、「インフラエンジニアになったから一生安泰」というわけにはいきませんので、インフラエンジニアになっても将来設計はきちんと考えておきたいですね。

おすすめのAWS認定資格【転職に有利】AWSエンジニアの資格はこれだ!
おすすめのAWS認定資格【転職に有利】AWSエンジニアの資格はこれだ!

AWSエンジニアの転職を有利にする方法として、AWS認定資格を取得することが挙げられます。 しかしAWS認定資格について調べていると、 「なんでこんなにAWS資格の種類って多いの...?」 「どれの資 ...

インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアの平均年収は450万円前後です。

日本の男性平均年収が440万円前後であることを考えると、決して悪くはありません。

また、平均年収は450万円でも、未経験者とベテランエンジニアの間では年収に大きな差があります。

未経験者と経験者の収入の詳細は下記の通りです。

未経験者は年収300万円前後

知識もスキルもない未経験者でも応募できるインフラエンジニアの求人は、年収300万円前後になります

残業が少なく全くの未経験者でもできる仕事内容であるため、平均年収より低い年収が設定されていることが多いです。

知識や資格、スキルがない未経験者が転職する場合、最初は年収が低いことは覚悟しておきましょう。

ただし、少し実務経験を積めば即戦力として知識を身につけやすい職種のため、努力次第で昇給しやすいのがインフラエンジニアの特徴でもあります。

年収1,000万円以上のインフラエンジニアも

ベテランのインフラエンジニアのなかには、年収1,000万円以上稼ぐ方も多くいらっしゃいます

ただし、インフラエンジニアで年収1,000万円を超えるためには、

  • ネットワーク
  • サーバー
  • AWS(Amazon Web Services)

上記のような専門的な知識やスキルの習得が必要です。

または、インフラエンジニアから管理職へキャリアアップして年収を上げることもできます

まとめ|インフラエンジニアは未経験者でも転職しやすい職業

インフラエンジニアは未経験者でもIT業界へ転職しやすい職業です。

前述の通り、最初の年収は低い傾向にありますが、実務経験を積んでスキルを身につけていけば、年収を上げることも決して難しくはありません。

「とにかくIT業界で働きたい!」

このように、プログラマーやWebデザイナーなど「特定の職種」に希望がない方であれば、未経験者でも仕事がみつかるインフラエンジニアがおすすめです。

ちなみに、「まずインフラの勉強をしてみたいな...」という方は、無料の学校で勉強し、転職サポートをしてもらう方法もおすすめですよ。

未経験者向けインフラエンジニア学習本と【無料で学ぶ】プログラミングスクール
インフラエンジニア学習におすすめ本3冊と【無料】0円プログラミングスクール

IT業界で働きはじめて7年目、現役フリーランスプログラマー兼システムエンジニアのTenです。 未経験からIT業界で働きたい方におすすめの職業、インフラエンジニア。 プログラミングスキルなしの未経験者で ...

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
Ten

Ten

現役フリーランスプログラマー&システムエンジニアのTenです。IT業界での勤務経験は7年ほど。3年間正社員として働いたのち、フリーランスになりました。フリーランスとしては4年経験を積んでいます。副業として、ITやプログラミングに関するライティングもしています。

-インフラエンジニア

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.