IT業界の転職

未経験のWebデザイナーがいきなり働く方法【就職成功率高め】

投稿日:2018年11月7日 更新日:

未経験のWebデザイナーがいきなり働く方法【就職成功率高め】

スポンサーリンク

「スキルの未熟な未経験者だけど、Webデザイナーとしていきなり働きたい...」

コツコツ独学で勉強してきた人や、スキルはないけど今すぐWebデザイナーになりたい人...早く就職して実務経験を積めたらなぁと思いますよね。

Web業界では、勤続年数は短く転職回数が多いのは当たり前。

Webデザイナーの転職率高すぎ!転職するほど収入増える↑Web業界

一度仕事に就いてしまえば次は経験者として転職ができるので、とにかく最初の一歩を踏み出したいものです。

実際に働いてみると、最初はスピード感や技術的に大変な思いをするかもしれませんが、時間をかけて勉強をしているより圧倒的に早くスキルが身につきます。

  • Webデザインの知識がほぼない人
  • 独学レベルでまだまだスキルが低い人

上記のような「未経験者」がWebデザイナーとして”いきなり”働く方法とは、未経験者OKの会社を知り、効率よく求人を探すことにつきます。

  • 未経験者が就職しやすい会社
  • 未経験OKの求人の探し方

この2点について掘り下げて紹介していきます。

スポンサーリンク

未経験者が就職しやすい会社

未経験者が就職しやすい会社

求人要項に”未経験OK”と書かれている会社を闇雲に探すのではなく「未経験でも就職しやすい会社」を理解して求人を探しましょう。

Webデザイナーの就職先は「Webデザイナーが選べる就職先と身につくスキル」で紹介していますが、その中でも未経験者が就職しやすい会社を狙うと就職できる確率がグンとアップします。

具体的にはネットショップなどの「自社でWebサイトを運営している会社」です。

  1. 高いスキルが求められない
  2. 残業が少ない

自社でWebサイトを運営している会社へ就職することのおすすめのポイントは2つあります。

高いスキルが求められない

自社運営の会社での業務は基本的には「Webサイトの運営」

未経験のWebデザイナーの最初の業務は「バナーや情報の更新」や「特設ページの開設」などといった業務が中心となります。

求人要項に「Webサイトの更新」と記載がある場合がこれにあたります。

自社でEC事業やメディア運営をしている会社は、Web事業部のディレクターが作業をテンプレ化しているケースも少なくありません。

前例に習って作業できるため未経験者でも少しずつ作業が覚えやすい仕組みが既に整っています。

また、上司に相談しやすい環境にあるのも未経験者にとっては働きやすい環境だと言えます。

残業が少ない

自社でWeb運営している会社の業務は、基本的に社内で完結するため「社外に向けた納期」はありません。

つまり、クライアントとの納期に追われがちなWeb制作会社とは違い、納期は社内のみ。

自社でWeb運営している会社は、残業が少ない傾向にあります。

わたしも最初のキャリアはWebデザイナーとしてEC運営会社に就職したのですが、多忙期に残業することはあっても「納期に追われて徹夜」はしたことがありません。

残業がない職場だと、家に帰ってからスキルアップのための勉強ができる余裕もでてきます。

未経験OKの求人の探し方

未経験OKの求人の探し方

未経験者でもいきなり働ける可能性の高い「自社でWebサイトを運営している会社」

ここから具体的な求人の探し方について掘り下げていきます。

転職エージェントを利用しよう

求人サイトはネット上にたくさんありますが、未経験者におすすめの方法は「転職エージェント」を利用する方法です。

転職エージェントを利用するメリットとは下記の通りです。

  • 専任のキャリアカウンセラーからのアドバイスが受けられる
  • ハローワークに掲載していない非公開求人を紹介してもらえる
  • 採用担当者からの情報を元にした面接対策が受けられる
  • スケジュール調整や年収交渉などを代行してもらえる

ハローワークや一般公開されていない非公開案件が豊富にある上、専任のキャリアカウンセラーからのアドバイスなど、すべて無料で受けられるのが転職エージェントです。

自身のスキルレベルが求人に見合うかどうかの判断〜面接時のアドバイスなど...右も左もわからない未経験者にとって「専任のキャリアカウンセラーからのアドバイス」を受けられるのは心強いですよね。

未経験OK求人を探すなら「WORKPORT」

求職者にとって至れり尽くせりの転職エージェントですが、残念ながら「経験者」を対象としたエージェントが多いのが現実です。

未経験者は「未経験求人が豊富な転職エージェント」を選ぶ必要があります。

IT/Web業界に強く、「未経験OK」の求人を多く扱う転職エージェントは「WORKPORT

おすすめ
workport

WORKPORTは未経験者が必ず抑えておきたい、おすすめの転職エージェントです。

  • リクナビNEXT「GOOD AGENT RANKING」
  • パーソルキャリア「DODA Valuable Partner Award2017」

数ある転職エージェントの中から「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれた実績がある転職エージェントで、書類の添削・面接対策・年収交渉・円満退職まで、転職のプロ集団からの完全サポートが無料で受けられます。

WORKPORTおすすめポイント

  • IT/Web業界の求人に強い
  • 未経験からのキャリアチェンジに強い
  • 非公開求人を含む15,000件の求人を保有
  • 専任の転職コンシェルジュがサポート
  • 転職活動に便利な無料オリジナルツールあり
  • 面接・書類作成アドバイス

登録も利用もすべて無料ですので、未経験の求職者は是非登録しておきましょう。

WORKPORT 無料登録

仕事が決まらないときは

仕事が決まらないときは

自社Webサイトを運営している会社に絞れば、未経験でも就職成功率は高くなります。

それでもなかなか仕事が決まらない...という人は、無料のWebスクールでスキルの学びなおしをするのもひとつの方法です。

無料のWebスクールとはその名の通り、

  • 無料でプログラミングスキルやWebビジネスを勉強できる
  • 卒業後は就職までサポートしてくれる

本来は有料のWeb学校が開設している、特定の条件に合う人のみが受講できる「無料の講座」です。

【無料で学ぶ】転職サポートつきWebスクールまとめ ※20代の求職者限定
無料のプログラミングスクール【タダで学ぶ】転職支援つき※20代求職者限定

スポンサーリンク Web系の仕事に転職したいなと考えたとき、選択肢のひとつとしてあげられるのが「Webスクールで学ぶ」こ ...

無料なんて怪しい...と思うかもしれませんが、未経験者を育成して企業へ就職させ、就職先の企業からコミッションを得ることで、このビジネスモデルは成り立っています。

スクール側は生徒に就職さえしてもらえれば、企業から受け取る「人材紹介料」だけで十分な利益がだせるため「受講料を無料で提供できる」というわけですね。

無料の講座を学んだ後は、転職エージェントと同様、キャリアカウンセラーによる手厚い就職支援が受けられるのもおすすめのポイントです。

未経験OKの求人にアタックはしているものの仕事が決まらない...という人は、スキルアップに力を入れ直してみるのも手ですね。

まとめ

IT/Web系の求人数は多いのですが「未経験OK」となると途端に限られてしまいますよね。

とはいえ、いくらスキルを磨き続けても「実務経験がなければ未経験」のまま。

とにかく経験を積むこと、が最重要です。

未経験受け入れOKの会社の募集概要に「Webサイトの更新作業」などの記載があれば、Webデザイナーとしてのスキルがそれほど高くなくても採用される可能性が高いです。

未経験者でも怖じ気ず、ガンガン就職成功確率を高めていきましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

みーこ

Web業界一筋13年目。アラフォー・子持ち・海外暮らしのノマドワーカー。26歳でフリーター→未経験でWebデザイナーへ転身し、転職3回・フリーランス9年と働き方を変えつつWeb業界に生息しています。 このブログについて

-IT業界の転職

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.