Webデザイナー

崖っぷち20代女性が【資格なし・未経験】からWebデザイナーになるには?

投稿日:2018年10月3日 更新日:

スポンサーリンク

Web業界に入って早13年。

今ではすっかりアラフォーとなってしまいましたが...Webデザイナーとして就職する26歳まで、わたしは「資格なし・スキルなし・職歴なし」の三重苦を抱えたフリーターでした(笑)

そんなわたしですが、26歳でWebデザイナーとなってからというもの、出産や海外移住など経験しましたが一度も転職に困ったことがありません。

ですので、20代後半に差し掛かったタイミングで「Web業界に就職する」と決断・実行したのは、我ながら大正解だったと思います。

20代後半〜30代前半ともなると、結婚や出産などのライフイベントを真剣に考えざるをえなくなりますよね。

そこで「キャリアチェンジするなら、20代半ばが最後かも...」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

わたしがWebデザイナーを目指した理由も「年齢による焦り」によるものでした。

専門職でない限り、年齢を重ねるごとに転職は難しくなる一方。
動きやすい環境にいるうちに「手に職をつけたい」ですよね。

というわけで。

この記事では、この過去のわたしの体験とともに「20代半ばの未経験者がWebデザイナーになるには?」をテーマに紹介します。

スポンサーリンク

Webデザイナーへの準備期間は、わずか半年

Webデザイナーへの準備期間は、わずか半年

わたしがWebデザインの勉強をした期間はわずか「半年間」でした。

未経験からWebデザインを勉強するなら【学校 vs 独学】どっちがおすすめ?

絵がうまいわけでもなく、プログラミングができるわけでもない...それどころか、当時のわたしは「フォルダとファイルの違いが分からない」くらいのパソコン音痴だったにも関わらず、です(笑)

Webデザイナーで一生食えるとは思いませんが「将来性のあるWeb業界への転職の切符を手に入れられる」と考えると、努力の割に見返りが大きいかなと思います。

Webデザイナーには将来性がないと断言できる、たった2つの理由

Webデザイナー適正チェック

Webデザイナーになるために一番重要なのは「スキル」でなく「適正」です。

Webデザイナーの適正さえあれば、Webデザインを集中して学び、手を動かし、数をこなしさえすれば、スキルなんてなんとでもなります。

ですので、Webデザイナーを目指したいなと考えている人は、まずWebデザイナーの適正をチェックしてから続きを読み進めてくださいね。

実務のスキルも重要ですが、一番重要なことは「Web業界に興味があるかどうか」

IT系のニュースを追うのが好き、新しいサービスはすぐ使ってみるなど、これらを苦痛に感じない人は、今技術がなくても「適正あり」と判断して問題ないと思います。

Webデザイナーになるための最低限のスキルとは

適正チェックが問題ないとはいえ...最低限の実務スキルは身につけておきたいところです。

理由は単純で「就職先を見つけやすいから」

どんなスキルが必要なのかについては「Webデザイナーになるために【最低限必要なスキル6つ】」で詳しく述べていますが、

  • Illustrator/Photoshopなどの「画像加工ソフト」をマスターする
  • HTML/CSSを理解しており、Webサイトを構築できる

最低限これらのスキルは身につけておくのがベターです。

勉強方法は、

  1. 学校やオンラインスクールで学ぶ
  2. 独学で勉強する

上記の「学校で学ぶ」もしくは「独学で勉強する」方法が一般的です。

それぞれ解説していきますね。

Webデザイナーになる方法

Webデザイナーになる方法

学校やオンラインスクールでWebデザインを学ぶ

わたしがWebデザイナーになるために取った方法です。

前述しましたが、当時のわたしはパソコン初心者でした。パソコンの基本操作からして、すでに怪しいレベルだったので(笑)Webデザインスクールの半年コースへ入学。

半年間、寝る間も惜しんで勉強し、めでたくWebデザイナーとして「人生初の就職に成功」しました。

ほとんどのスクールで卒業後の就職サポートを行っているので、本気でWebデザイナーへ転身したい人におすすめの方法です。

【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2018年版】
【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2019年版】

スポンサーリンク Webデザインを勉強しようと思ったとき、選択肢のひとつとなるのが「学校に通う」ことですよね。 Webデ ...

学校でWebデザインを学ぶメリット

学校やオンラインスクールに入学するメリットは多くあります。

メリット

  • 質問できる・説明してもらえる
  • 人脈を構築できる
  • 就職サポートがある

後述しますが、基本のパソコンスキルがあれば、Webデザインは独学でも学習可能です。

ですが、スクールに入学するということは「同じ夢に向かう同期」と「師匠と呼べるメンター」との出会いがあるということ。

実際わたしもスクールで出会った同期とは今でも繋がりがありますし、特に就活することなく、メンターからの紹介ですんなり就職も決まりました。

これまで3度の転職をしていますが、そのうち2度の転職は「人脈による転職」です。

人からの紹介で転職できるというのは、控えめに言って最高ですよね。

紹介者にすでに推薦してもらえるので、面接は「顔合わせ」程度。
紹介してもらった時点で就職はほぼ決まっているようなものです。

また将来フリーランスになりたい人。

フリーランスは「人脈が命」ですので、Web系の業界人が集まる場に身をおいて、人脈を築いておくことをおすすめします。

わたしがフリーランスのWebデザイナーだった頃はスクール時代の友人から仕事を受注していましたし、企業で働いている今は、発注者としてこの頃出会った人に仕事を依頼しています。

学校でWebデザインを学ぶデメリット

スクールに通うとなると、数十万円のまとまった資金が必要になるのがデメリットです。

デメリット

費用が高い

将来への投資と考えると高くはない金額だとは思いますが、入学したのはいいけれど「Webデザイナーを目指すことを諦めようかな...」とフェードアウトしてしまわない保証もありません。

わたしはWebデザインスクールで働いたことがありますが、入学生のうち半分くらいは脱落してしまうと感じていました。もしくは、卒業しても結局違う職に就いたり。

ローンが組める学校もありますが「ローンなんて組みたくないし、そこまで覚悟決まってないよ...」という人は、後述する「独学」でWebデザインを学ぶのがおすすめです。

ちなみに職業訓練校などの「無料のWebデザインスクール」はおすすめしません。

【Webデザイン スクール 無料】とググるあなたはWebデザイナーになれない話

理由は色々ありますが「集まる人々の質が低い」ことが一番の理由になります。

有料のWebデザインスクールにタダで通う方法も紹介しています。
求職者限定のサービスとはなりますが、転職を強く希望されている人はぜひ参考にどうぞ。

【無料で学ぶ】転職サポートつきWebスクールまとめ ※20代の求職者限定
転職支援つきWebスクールで【タダで学ぶ方法】※20代求職者限定

スポンサーリンク Web系の仕事に転職したいなと考えたとき、選択肢のひとつとしてあげられるのが「Webスクールで学ぶ」こ ...

独学でWebデザインを勉強する

「ググる」という言葉があるように、検索するだけで何でも情報収集できる時代です。何かを勉強する環境は整っています。

Webデザインに対する最低限の知識は、パソコンの基本スキルがあり検索エンジンを使いこなせる人なら、比較的簡単に身につけられます。

数冊は基本の参考書を購入することもおすすめしますが、検索エンジンのみで独学でWebデザインを勉強することも可能です。

未経験者が独学でwebデザイナーになるために買うべき本は【4冊】だけ
未経験者が独学でwebデザイナーになるために買うべき本は【4冊】だけ

スポンサーリンク 未経験者が独学でWebデザイナーを目指す時、悩ましいのが「どうやって独学すればいいか」ですよね。 わた ...

独学でWebデザインを勉強するメリット

独学することのメリットは、なんといっても「ほぼ無料で学べる」につきます。

メリット

ほぼ無料

下記のような、Web業界に興味があり自主的に勉強できる人であれば、

  • 分からないことを検索して解決できる人
  • 知識を身につけることに貪欲な人

独学でWebデザインを学ぶことも難しくないでしょう。

独学でWebデザインを勉強するデメリット

独学で勉強することのデメリットは意外にも大きいです。

デメリット

  • 正解が分からない
  • 人脈を構築できない

まず「正解が分からない」ことについて。

参考にする情報が古く技術が時代遅れになったり、もっと便利な方法があるのに遠回りの方法を選択していたり。

また就職する際に最も重要な「ポートフォリオ」も、素人ではその良し悪しが判断できないですよね。

わたしも学生の頃、ポートフォリオをつくり意気揚々としていましたが、今その作品をみると(正確にはもうないので、思い出すと)顔から火がでるほど恥ずかしいです...(笑)

検索や書籍で独学で勉強することは可能ですが、プロのアドバイスを貰うことはできないんですよね。

また「人脈を構築できない」こともデメリットです。

人と接しない環境で独学を続けているとモチベーションの維持が難しいこともありますし、就職先を紹介してもらえるコネをつくるチャンスも少なくなります。

いきなり働いてみる

いきなり働いてみる

Webデザイナーとして就職しても、すぐにWebサイトのデザインを任せてもらえるわけではありません。

最初は簡単なバナーの更新など、差し障りのない業務がメインとなるケースが多いです。

未経験のWebデザイナーがいきなり働く方法【就職成功率高め】
未経験のWebデザイナーがいきなり働く方法【就職成功率高め】

スポンサーリンク 「スキルの未熟な未経験者だけど、Webデザイナーとしていきなり働きたい...」 コツコツ独学で勉強して ...

働きながら学べる、のでお金の心配もないですよね。

ある程度業務をこなせるようになると、転職するときにも「すでに業界経験者」として応募できるようになります。

まとめ

スクールにお金を使うのが不安だったり、Webデザイナーに向いているのか向いていないのかが判断がつかなかったり。
そんな状態で、全てを捨ててジョブチェンジするのは勇気がいりますよね。

そんな人がまず始められることと言えば「手を動かしてみる」ことです。

おすすめは「趣味のブログやHPなど作ってみる」こと。
テーマは自由で、あなたが楽しいと思えるWebサイトづくりに挑戦してみてください。

「あ、やっぱり向いてなさそう」
「やってみたら、めちゃくちゃおもしろい!」

適正を知るには、実際に手を動かしてみるのが一番です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

みーこ

Web業界一筋13年目。アラフォー・子持ち・海外暮らしのノマドワーカー。26歳でフリーター→未経験でWebデザイナーへ転身し、転職3回・フリーランス9年と働き方を変えつつWeb業界に生息しています。 このブログについて

-Webデザイナー

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.