Webデザイナー

Webデザイナーオワコン説は本当です。Webデザインは将来なくなる仕事?

投稿日:

Webデザイナーオワコン説は本当です。Webデザインは将来なくなる仕事?

Webデザインの仕事はなくなる
Webデザイナーはオワコン

これからIT業界に入りたい人や、Webデザインの勉強を始めてみたい人は、こんな不安をもつのではないでしょうか。

実際、わたしも60万円強の高い学費を払ってWebデザインスクールに通いましたが、学費を払う前はこんな不安に襲われたものです。

今からWebデザイナーを目指すのは遅いのでは?
将来的に食べていける仕事なのかな?

PC操作さえままならず、大学を卒業してから数年フリーターをしていた当時のわたしには、IT業界の動向なんてさっぱり想像もつきませんでした。

そんなわたしでも、Webデザインスクール卒業と同時にWebデザイナーとして仕事に就くことができ、それから十数年経った今でもWeb/IT業界で働き続けています。

シングルマザーでしかもアラフォーであるにもかかわらず、これまで一度も失業することなく、業界一筋で十数年働いてきたわたしが「Webデザイナーの仕事はオワコンなのか」について解説していきます。

結論からいうと、Webデザイナーの仕事は将来オワコンになるでしょう。

Webデザイナーオワコン説

Webデザイナーオワコン説

Webデザイナーの仕事

まず、Webデザイナーの仕事とはなにかについて解説します。

Webデザイナーとは単純に「Webサイトをつくる仕事をする人」です。

WebサイトのWebサイト制作は、

  1. Webサイトのデザインをする = 【デザイナー】
  2. Webサイトをネット上で表示できるようにする = 【コーダー】

大きくこの2工程に分けられます。

大手企業では①と②が分業となっていることもありますが、人手がたりない中小企業などであれば、①と②の両方のスキルが必要になります。

Webデザイナーになるために【最低限必要なスキル6つ】未経験からWebデザイナーへ
Webデザイナーになるために【最低限必要なスキル6つ】未経験からWebデザイナーへ

スポンサーリンク 20代の女性が将来のことを考えはじめたときに、選択肢のひとつとなるのはIT・Web業界への転職ではない ...

Webデザイナーの難易度

わたしが日頃から、

IT業界で働きたいなら、まず、Webデザイナーを目指すべき

こう考えている理由のひとつとして、Webデザイナーになるための難易度はかなり低い、からです。

前述した通り、Webデザイナーになるためのスキルは多くありません。

さらに、プログラマーなどの職業と比べると、Webデザイナーとしての学習難易度は格段に低く、簡単なのです。

年収だけが魅力なら「やめとけ」プログラマーになりたい女性に告ぐ
年収だけが魅力なら「やめとけ」プログラマーになりたい女性に告ぐ

Web業界の仕事に就くために「手に職をつけたい」と考えたとき、候補にあがるのが「Webデザイナー」か「プログラマー」とい ...

IT技術の進化

次に、現在のIT技術に関して解説しますね。

現状のIT技術では、全自動では難しいものの、簡単な指定をするだけで「すでに、知識のない人でも簡単にWebサイトをつくれる」ツールはあります。

例えば、ブログをイメージしてみてくださいね。

これまでインターネットに精通している人だけが持てた「Webサイト」ですが、全く知識のない人でも5-10分程度の設定でブログを開設できるようになりましたよね?

この技術が進化すると、Web制作は今後もっと「簡単に、誰でもできる」ようになることが容易に予想できます。

つまり、「これまでの」Webデザイナーの仕事は徐々にオワコン化するでしょう。

Webデザインは将来なくなる仕事?

Webデザインは将来なくなる仕事?

一部の仕事は超効率化されると思う

Webデザイナーがこれまで専門家として担ってきた仕事は、AIや高度なIT技術によってなくなることはないにしても、超効率化されるだろうと予想します。

つまり、Webデザイナーとして、これまでのWebデザインに関するスキルや知識に加えて、

AIでは出来ないこと

身につける必要があります。

AIができないこと

AIにできないこととは、大きく2つあります。

  1. デザイン
  2. ディレクション

AIは自動で動き、最適解を提案してくれる画期的な技術ですが、人間にしかできないことはたくさんあります。

さらにいうと、AIに指示を与えたり、AIを教育するのは「人間の仕事」なのです。

AIで仕事がなくなる?プログラミング学習はもうオワコン?プログラマーの将来性
AIで仕事がなくなる?プログラミング学習はもうオワコン?プログラマーの将来性

スポンサーリンク IT業界歴7年・現役フリーランスプログラマー兼SEのTenです。 「プログラマーの仕事は、近い将来AI ...

Web/IT業界で生き残るために

Web/IT業界で生き残るために

デザインスキルを磨く

簡単にデザインできるツールはすでにいくつもありますし、今後AIでデザインができる時代もくるでしょう。

ただし、デザインは「人間が目でみて感じるもの」です。

クライアントの好みもありますし、Webサイトに訪れたユーザーの感じ方などは、人間が判断するものです。

また、現時点でも「スキルの高いデザイナー」は、決して仕事にあぶれることはありません。

スキルの高いデザイナーは、発注者の意図を的確に読み取り、デザインへ落とし込みます。

IllustratorやPhotoshopなどを使える人材はたくさんいますが、発注者がリピートしたくなるようなデザイナーはなかなかいないのです。

ディレクションスキルを養う

Web制作の現場では、発注者であるクライアントと、現場でWebサイトをつくるWebデザイナーを取り持つ「ディレクター」と呼ばれる上位職の仕事があります。

IT業界の仕事【2019年】人気職種の年収・仕事内容・難易度を総まとめ
IT業界の仕事【2019年】人気職種の年収・仕事内容・難易度を総まとめ

スポンサーリンク IT業界歴7年・現役フリーランスプログラマーのTenです。 日進月歩でIT技術が発展しており、以前は不 ...

  • クライアントとの交渉
  • Webサイトの要件定義
  • スケジュール管理
  • Webデザイナーなどへの指示

これらのディレクターの仕事は、AIにはできません。

ディレクターの仕事は「Web制作をスムーズにおこない、会社に利益をもたらすこと」です。

さらに、マーケティングや保守・運用面などを提案・交渉でき、企業に利益をもたらすことのできる人材であれば、AIに仕事を奪われることはないでしょう。

まとめ

逆に言えば、

  • 指示通りにしかデザインできない人
  • コーディングしかできない人

このような「手先の技術」しか持ちあわせていない人は、今後オワコンとなり、AIに仕事を奪われていくでしょう。

Webデザインの勉強をするということは、実はこの「手先の技術」を学んでいる状態に過ぎません。

技術を身につけたから、一生安泰

こう考えていると、とても危険ですよ。

Webデザイナーという仕事は「IT業界で働くためのきっかけ」に過ぎません。

シングルマザーで、しかもアラフォーのわたしがこの業界で長く働き続けられている理由は、Webデザイナーだから、ではなく、

  • Web制作の知識がある
  • 広告運用などの「運用」の知識がある
  • ディレクター職に関わる仕事全般ができる

これらを身につけているからです。

今ならまだ、間に合います。
Webデザイナーに最低限の必要なスキルを身につけるだけでもWebデザイナーになれるでしょう。

Webデザインの学校は意味ない?初心者が独学で勉強することの落とし穴【危険】
Webデザイン学校は意味ない?初心者が独学で勉強するリスク【危険】

スポンサーリンク これからWebデザイナーを目指す人から「Webデザインスクールに行くべき?」という質問をよく受けます。 ...

これからWeb業界への転職を目指す人におすすめなのは、ちゃっちゃと勉強してWebデザイナーになり、「なにを伸ばしてあなたの強みにするか」を考えながら、キャリアを磨き続けることです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

みーこ

Web業界一筋13年目。アラフォー・子持ち・海外暮らしのノマドワーカー。26歳でフリーター→未経験でWebデザイナーへ転身し、転職3回・フリーランス9年と働き方を変えつつWeb業界に生息しています。 このブログについて

-Webデザイナー

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.