Webデザイナー

未経験者がWebデザインを勉強するなら【学校 vs 独学】どっちがおすすめ?

投稿日:2018年10月13日 更新日:

未経験からWebデザインを勉強するなら【学校 vs 独学】どっちがおすすめ?

スポンサーリンク

Webデザイナーは資格の要らない仕事とはいえ、基礎的な勉強は必要になります。

別記事の「Webデザイナーに最低限必要なスキル6つ」でも紹介していますが、勉強するべき内容はざっくりと、

  • Webデザイン
  • HTML/CSS

大きくわけてこの2つです。

ここで「どう勉強すればWebデザイナーになれるの?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

Webデザインを学ぶ方法は3つあります。

  1. 独学で学ぶ
  2. オンラインスクールで学ぶ
  3. 通学スタイルの学校に通って学ぶ

結論からいうと「どの勉強方法を選んでもメリット・デメリットがある」そして「現段階で持っているスキルと意志による」と言えます。

というわけで。
Web業界歴13年目のわたしが「各勉強法のメリット・デメリット」をまとめてみました。

  • 各勉強方法のメリット・デメリット
  • 各勉強方法に向いている人

独学・オンラインスクール・通いの学校、どの選択肢にするべきか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

わたしがどの勉強方法で未経験からWebデザイナーになったのか、体験談も交えて説明します。

スポンサーリンク

独学でWebデザインを学ぶ

独学でWebデザインを学ぶ

独学のメリット

独学で勉強するメリットはなんといっても「安く(もしくは無料)で勉強することができる」こと。

メリット

  • 低コストで勉強できる
  • 勉強する時間を自由に設定できる

また、仕事やバイトが終わったあと、週末に集中して...など自由に学ぶ時間を決められるのもメリットです。

独学のデメリット

あなたは「できるだけ費用を安く済ませたい」と思いませんか?

勉強費用を安く、もしくは無料にできると経済的に助かるのは確かですが、意外に見落としがちなデメリットもあるんです。

デメリット

  • モチベーションの維持が難しい
  • 正解が分からない
  • 就職・転職サポートなし

独学で学ぶ、ということは何をおいても「意志の強さ」が重要なポイントとなります。

さらに、モチベーションの維持に関しては「意志の強さ」でクリアできたとしても、「正解が分からない」という点も問題になります。

独学で学んでいると、間違って解釈していることがあった場合でも、誰からも指摘を受けることができません。

もっとスマートな方法があることにも気づかず、トレンドにも乗り遅れた「独りよがりの知識」で満足してしまう...というおそれがあるんですね。

またオンラインスクールや学校では「就職・転職サポート」が受けられます。

もちろん、未経験・独学でWebデザイナーになる人もいますが、未経験者にとって就職・転職サポートがあるのは大きな魅力ですよね。

独学が向いている人

独学でWebデザイナーになれるのは下記のような人。

  • ITリテラシーがすでに高い人
  • Webに興味がある人
  • 目標を持ってコツコツ勉強できる人

すでにパソコンの基本操作ができるのはもちろんのこと、これまでにブログに挑戦したことがあったり、新しいサービスをいち早く試してみるのが楽しかったり...ITリテラシーが高い人であれば、独学でもWebデザインは取得できると思います。

また自主的にコツコツ勉強できることは、Webデザインに限らず、何を勉強するにしても必要なスキルですよね。

独学での勉強方法

Webデザインを独学で勉強するために必要な情報は、実はネット上に全て落ちています。

ですが、わたしがおすすめする勉強方法は「参考書を購入すること」

というのも「これから勉強を始めよう」という人にとって、ネット上の情報は膨大すぎて、必要な情報とそうでない情報の「取捨選択」が難しいんですよね...。

とはいっても書店へ行くと、沢山の専門書が山積みになっていて、どの本を購入するのが正解なのか分からないですよね。

購入するべき本は【4冊だけ】で問題ありません。

  1. Webデザインスキルに関する本 2冊
    • Webデザイン/デザインのセオリー本
    • Illustrator/Photoshopのハウツー本
  2. HTML/CSSに関する本 2冊
    • HTML/CSSの基礎を学べる本
    • Webサイト構築の実践ができる本

未経験者が独学でwebデザイナーになるために買うべき本は【4冊】だけ

基本中の基本をざっと抑えてあとはネットで調べる、という方法が低コストでおすすめです。

オンラインスクールでWebデザインを学ぶ

オンラインスクールでWebデザインを学ぶ

オンラインスクールのメリット

通学の制限がないことと、通学と比べて安い学費が人気のオンラインスクール。

【安い順】おすすめオンラインWebデザインスクール3校を徹底比較

通学タイプのスクールは都心部に集中していることが多く、通いが難しい地域にお住まいの人でも、自宅で受講できるのが魅力です。

メリット

  • 初心者OK
  • 自宅で受講できる
  • カリキュラムが用意されている
  • プロである講師に相談できる
  • 就職・転職のサポートがある

初心者でも基礎から応用まで、研究を重ねて組み立てられたカリキュラムが用意されているので、「何から勉強すればいいのか分からない」という初心者の人でも迷わず勉強をすすめていくことができます。

また、独学の問題点でもある「素人で判断がつかない」ことを、プロの講師に相談できるのも魅力です。

オンラインスクールは就職・転職のサポートもしているので、ポートフォリオの良し悪しや面接時のアドバイスなど、プロからの貴重な意見をもらえる場としてもメリットが大きいです。

オンラインスクールのデメリット

デメリットはやはり「学費」につきます。

デメリット

  • 学費が高い

オンラインスクールや受講期間にもよりますが、平均15万円〜の費用がかかってしまうのがネックです。

ただし、有料のWebデザインスクールにタダで通う方法もありますので、条件によっては受講料無料で受講できる可能性もあります。

オンラインスクールが向いている人

オンラインスクールで学ぶのに向いているのは下記のような人。

  • 何からWebデザインの勉強を始めていいか分からない人
  • 本気でWebデザイナーを目指す人
  • 通学する時間がない、または通学が難しい人

初心者からWebデザイナーを目指す人、もしくは、Web業界への転職を本気で考えている人です。

安くない学費を支払う限りは、必ずやり切って転職を成功させましょう。

通学でWebデザインを学ぶ

通学でWebデザインを学ぶ

通学のメリット

最後は通学タイプのWebデザインスクールで学ぶ方法です。

わたしの一番のおすすめはこの「通学で学ぶ」方法。

というのも、わたし自身が通学タイプのWebデザイン学校に半年間通い、未経験からWebデザイナーとして就職した経験があるためです。

メリット

  • 初心者OK
  • 仲間やメンターができる
  • カリキュラムが用意されている
  • プロである講師に相談できる
  • 就職・転職のサポートがある

学習面のメリットはほぼオンラインスクールと同じなので、説明は割愛しますね。

この通学スタイルの学校で学ぶことの一番のメリットとは「仲間やメンターができる」ことなんです。

Webデザインの勉強は資格も必要ないですし、独学でも学ぶことも可能です。

ですが、仲間やメンターは「通学」でないと出会えないんです。

同業界を目指す人々がいる空間に身を置くことは、あなたの想像以上に重要なことです。もしかすると「Webデザインのスキルを学ぶこと」より重要なことかもしれません。

というのも、わたしはWeb業界に入って13年目ですが、この学生の頃に出会った人々と未だに仕事の関係で続いているんです。

またわたしは未経験からWebデザイナーとして就職・転職をしているのですが、この二度ともがメンターからの紹介によるものでした。つまり面接はただの「顔合わせ」

紹介してもらった時点で、就職はほぼ決まっていました。

というように、就職活動と呼べる就職活動もせず、未経験から二度も就職と転職した経験があるんです。

特に将来フリーランスになりたい人、この業界は「スキルよりも、人脈が全て」です。

在宅で稼ぎたい主婦におすすめのWebデザインスクール3校【初心者向け】
在宅で稼ぎたい主婦におすすめのWebデザインスクール3校【初心者向け】

スポンサーリンク Webデザイナーは誰でもなれる。 これがわたしの持論です。 Webデザイナーになるには難しい資格は不要 ...

通学タイプのスクールのデメリットとも言えますが「通学タイプの学校は学費が高い」ですよね。

でも、逆に考えると「大金を払ってまで学校に通う人=Web業界に本気で転職したい人」しか学校には居ないわけです。

つまり、今後も仕事上で長く付き合う可能性が高い人々が集まる場所に身を置けるということ。

Web業界に知り合いが多いということは、仕事の紹介や転職のお誘いなどが豊富にあるということなんです。

この点から、わたしは無料のWebデザインスクールに通うこともおすすめしません。

【Webデザイン スクール 無料】とググるあなたはWebデザイナーになれない話

周りの人々のレベルは、必ず将来の自分へ返ってくるためです。

通学のデメリット

オンラインスクールよりも、通学スタイルの方がデメリットが大きいです。

デメリット

  • 学費がオンラインスクールより高い
  • 通学時間・場所が決まっている

学費はオンラインスクールの数倍という学校も多く、金銭的なハードルは高めです。

また、社会人の方など仕事をしている人なら、通学する時間を捻出するもの一苦労ですよね。そもそも、都市部にお住まいでない方は「近くに学校がない...」可能性もあります。

金銭的にも物理的にも、通学できる人は限られてしまいます。

前述しましたが、有料のWebデザインスクールにタダで通う方法もあります。

【無料で学ぶ】転職サポートつきWebスクールまとめ ※20代の求職者限定
無料のプログラミングスクール【タダで学ぶ】転職支援つき※20代求職者限定

スポンサーリンク Web系の仕事に転職したいなと考えたとき、選択肢のひとつとしてあげられるのが「Webスクールで学ぶ」こ ...

条件によっては受講料無料で受講できる可能性もありますので、気になる方は受講条件を満たしているかどうか確認してみてくださいね。

通学が向いている人

極論になりますが、仕事もやめて学業にだけ専念できる人が向いていると思います。

  • 本気でWebデザイナーを目指す人
  • 経済的・物理的に通学可能な人

実際わたしも当時フリーターで全くお金がなかったのですが、なけなしの60万円を支払い、バイトを辞め、極貧状態でWebデザインの勉強に半年間専念しました。

当時すでに26歳、社会経験もなかったので「もうWebデザイナーになれなかったら後がない...」と自分を追い込んで、半年間乗り切ったわけです(笑)

ファイルとフォルダの区別さえつかなかったわたしですが、学校に通ったおかげで、半年でWebデザイナーになることができました。

【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2018年版】
【無料の学校あり】おすすめWebデザインスクールまとめ【2019年版】

スポンサーリンク Webデザインを勉強しようと思ったとき、選択肢のひとつとなるのが「学校に通う」ことですよね。 Webデ ...

それから13年、職を失うこともなく、転々とWeb業界で生きながらえることができています。

まとめ

おすすすめは「通学スタイルの学校でWebデザインを学ぶこと」ですが、物理的に難しい人もいますよね。

そういった人はオンラインスクールで「積極的に講師に絡む」など、勉強面だけでなく、Web業界の人間と積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。

勉強するだけなら独学でも可能ですが、本気で転職したいのであれば「業界人との人脈」や「スクールの転職サポート」は必要不可欠です。

あなたに合った勉強方法、あなたの「本気度」とあわせて選んでくださいね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

みーこ

Web業界一筋13年目。アラフォー・子持ち・海外暮らしのノマドワーカー。26歳でフリーター→未経験でWebデザイナーへ転身し、転職3回・フリーランス9年と働き方を変えつつWeb業界に生息しています。 このブログについて

-Webデザイナー

Copyright© 20代女性のWeb転職|じょしてん! , 2019 All Rights Reserved.